旧劇6タイムシフトは本日2/20まで!

http://live.nicovideo.jp/watch/lv252337346

いまきちです。
旧劇6のタイムシフトは本日24時までとなります。未視聴の方は是非ご覧下さい。
プレミアム会員限定ですが・・・。

また、このあと1930~2000開始目処で旧劇6振り返り配信を行います。
今回は単独でやる予定。配信が上手くいけば2、3時間やりまーす。


旧劇6作品紹介⑩スーパーストリートファイター2

いまきちです。

旧劇6の作品紹介もこれが最後、スパ2です。

アーケードではスト2シリーズの一連のヒットを受ける形で、1993年、それまでのグラフィックとシステムを一新し
新たなスト2がリリースされました。
キャラも4キャラが追加され、コンボキャラのフェイロン、ガイルに似て非なるキャラディージェイ、昇龍を持ったザンギホーク、
そして春麗に続く女キャラキャミィはそれまでのスト2の対戦に大きな刺激を与えました。

が、メーカーが期待していたほどのヒットには至らなかった不遇の作品でもあります。
その理由は一言で言えば同年にガロスペが登場したからです。実を言うと私も乗り換えたクチでしたw

スパ2は今までどおりに遊べてそれなりに面白いけど、ガロスペの派手さ鮮やかさ爽快感には
及ばなかった、と思います。

但し、これも面白いところで、じゃあその後、奇跡的なゲームバランスを成立させたと言われるスパ2Xで遊んだか
と言われるとこれも微妙なところでしてw スパ2Xになるといよいよ集大成という面もあり、私には少し
難しい作品になっていました。確かこのあたりから、らんま超技を1人でやりはじめた記憶があります。

少し脱線してしまいましたが、あれから20年が経ち、今改めてスパ2を振り返ると、

「あれ?そんなに難しくもなく、かといって浅いわけでもなく操作性も良いし、皆で遊べるんじゃない?」

この皆で遊べる良ゲーというのは重要で、イベントタイトルに入れておくと、
参加者がとりあえずエントリーしてくれる運営に優しいタイトルでもあります。

今回はこのスパ2が最多エントリーとなりました。
どういう戦いになるか、運営としても1人の参加者としても非常に楽しみにしています。

旧劇6作品紹介⑨らんま1/2 超技乱舞篇

みーちゃんです。

旧劇でも、らんま格ゲー対戦会でもお馴染みの、らんま1/2超技乱舞編の作品紹介です。(旧劇5時再掲)

SFCらんま3部作の中ではもっとも一般的な格闘ゲームに近い感じで動かせるゲームとなってます。
それゆえ、ある程度の知識が必要となるゲームでもありますが、システム的に難しいものは何もないのが非常にハードルが低い要因であり、またコンボ等もそれほど難しくないのが万人に受けるであろう作りとなっています。

このゲームは既にたくさん動画があるのでご存知な方も多いかと思いますが、非常に気絶がしやすくコンボ火力が中々のものとなっております。下手したら即死がありえます。そして、ガード切り替えが遅いために発生するガード不能連携(立ちガードの後下段ガードができなくなる現象。女らんまの頭上強襲脚からの小足等)など、中々「厳しい」連携ももってます。おまけに全ステージで処理落ちが激しく、コンボ中はこの処理落ちとの勝負にもなるのがプレーヤーの悩みの種。こうした厳しいものをいかにしてプレーヤーが凌いだり制したりするのかというのも一つの見所であります。

さて、ルールですが、今回も以前旧劇でやった内容と同様、ハンデを設けています。
その結果、どのキャラが上位に来るかは過去のらんま対戦会(ハンデ無し)の経験ではわからないところが、ドラマを産むことになるでしょう。
事実、前回はかなり上位に今まででは考えられない弱キャラがのし上がってきました。今回もそういう、今までにはない展開が待ち受けているのではないでしょうか?

今回のルールで厳しいのは、やはり女らんまでしょう。全キャラにハンデをつけられるため、いくら攻めの手が強いキャラとはいえ、完璧に完封できるかどうか。この厳しいハンデを背負った女らんまが、ハンデを背負いながらもどこまで活躍できるかも要注目です。

そして最大の目玉キャラは、やはりパンダでしょう。パンダはこれまで一発はあるもののきちんと対策を取られると厳しい相手が多い(特に九能兄)のが辛いところでしたが、このルールでは本当にわからないと思います。対パンダ戦では、きっちりと殺しきるまで完封できないといつ逆転されるかわからないことになります。

果たしてこの混沌とした今回のルールで、どのキャラが優勝するのか、今までとは違う結末になるのか、ご注目ください。

旧劇6作品紹介⑧スーパーボンバーマン

いまきちです。

スーパーボンバーマンの作品紹介です。(旧劇5再掲)
本作は1993年4月28に発売されました。SFCボンバーマンシリーズの源流となる作品です。

以前の作品紹介でぜんざいさんも指摘していましたが、ボンバーマンの良さは
とっつきの良さとわかりやすさにあると思います。
初プレイでも初観戦でも、場合によってはテレビゲームそのものをプレイする人にとっても
操作性・ルールの明快さは他の作品と比べて優れていると言えるでしょう。

初プレイから慣れて自分の意図するとおりにキャラを動かせるようになるまでさほど
時間はかかりません。加えてキャラ差はほぼ存在しません。さらに4人同時プレイまで
可能です。旧劇のような嗜好性の強いwイベントから同人誌即売会系での試遊台に
おいてまで対戦ゲームとしては非常に汎用性が高いといえます。
極端な話、全国のトップクラスのガチ対戦にも、家族での日曜コミュニケーションツール
としても使用可能です。家族や友達とスパボンを対戦していてほとんど負けなかったぜ!
という方は是非一度旧劇へ参加してみてください。

今回は個人戦ではなく団体戦として、そして関東VS関西を意識した東西戦の形で行うこととしました。
以前から旧劇でも団体戦をやりたい、という声が出ていましたが今回大阪で開催することもあり、
東西戦で団体戦の面白さが出せれば良いなと思っています。

仲間が頑張る姿を応援し、敵方の凡ミスにはありがとうと感謝を言いましょうw

旧劇6 ニコニコ生放送 配信URL

いまきちです。
いよいよ明日になりました。どうぞよろしく。

https://t.co/qY52jmj7YS

旧劇6当日タイムテーブル

いまきちです。
旧劇6のタイムテーブルは以下を予定しております。
イベントは生き物なので、変更や遅延があるかもしれませんが予めご了承くださいませ。
また、下記タイムテーブルの説明に先立ち、3点のお願いがあります。

①運営から機材の持参をお願いしている方々には設営のため、優先入場となりますのでお含みおきください
②一般参加者の方の入場は最速で10時となりますので、定刻前の到着となっても開場までお待ちください
③会場内は飲酒禁止となります。一般参加者の方で場内及び参加者を撮影する場合、被写体の顔が映る場合は本人の許可を得てください。撮影後、本人の許可を得ずにウェブに投稿した場合、トラブルの元となりますのでご遠慮・ご配慮願います

それではタイムテーブルについてご説明いたします。

11:00参加者到着締め切り
 ※補足1 事前エントリーをしていても11時に間に合わない場合、当日エントリー扱いとなります
 ※補足2 代理の方が参加費を支払った場合、受付済みと見做しますが試合開始に間に合わなければ不戦敗となります

11:20オリエンテーリング(主催挨拶・実行委員紹介・大会進行説明)
11:30選手宣誓
11:35予選開始
AVG2⇒サイバーボッツ⇒エルツヴァーユ⇒AC2AA⇒スパ2⇒ガンダムWED⇒らんま超技⇒キン肉マンMT

13:00配信開始
 ※補足 配信視聴者向けにいったん大会説明を行います(5分ほど進行中断)

16:00予選終了
16:10本戦開始
AVG2⇒サイバーボッツ⇒エルツヴァーユ⇒AC2AA⇒スパ2⇒ガンダムWED⇒らんま超技⇒キン肉マンMT

 ※補足1 エキシビションの修羅の門は大会進行に応じて実施いたします(当日の流れ次第)
 ※補足2 あくまで予定ですが、修羅の門は予選終了後、スパボンは本戦終了後に実施を見込んでいます

18:30本戦終了 大会総括(運営・参加者)、表彰式
19:00配信終了 (必要に応じて次枠を取る可能性あり)

19:40撤収開始 (有志持込機材等、撤収出来る台から順次片付けとなります。ご協力お願いいたします)
20:00完全撤収 (これを過ぎると会場延長料が発生するため厳守となります)
20:30有志打上 (会場から徒歩10分 2h 飲み放題コース料理9品 3000円 希望者は実行委員までお声がけください) 

当日の変更やリアルタイム情報につきましては、ニコニコ生放送や当ブログ、いまきちのツイッターでもお知らせいたします。

旧劇6最終確定レギュレーション!

いまきちです。
今回のレギュレーションの確定版をお知らせします。
大変遅くなり申し訳ありません。
仮案から少し変わったのがガンダムWとAC2AA、エキシビションのスパボンになります。

旧劇6 レギュレーション R-0「総則」
①全タイトルにおいて試合ごとのキャラ変更を認める
②但し、①について禁止キャラがある場合は当該タイトルの指定に従うこと
③基本的に正タイトルは個人戦・1発トーナメントの形式で進行するが、エキシビションはこの限りではない
④但し、③については個別に勝利条件の指定がある場合は当該タイトルの指定に従うこと
⑤キャラ後決め権/座席指定権/ステージ選択権等の付与は当該タイトルの指定に従うこと
⑥時間設定/ゲームスピード/キーコンフィグの設定有無は当該タイトルの指定に従うこと
⑦参加者のマイコントローラーの使用を認める、但し不具合発生での敗因は自己責任とする
⑧実行委員会で用意したコントローラーに不具合が発生した際の敗因も自己責任とする
⑨但し、⑧については運営により状況確認を行い、取得本数を考慮の上、再試合とすることがある
⑩コントローラーの連射機能の使用は認めない。連射機能を使用した場合はそのラウンドを失う
⑪試合中、対戦に影響が出るような大声・中傷・煽り・過剰な応援は自粛すること
⑫大会進行を著しく妨げるような不測の事態が発生した場合は運営判断で収拾または例外条件を出すことがある
⑬各タイトルは同時進行で予選を行うことがある。基本的にベスト8未満は配信試合としない
⑭準々決勝(ベスト8)以上の試合からニコニコ生放送での配信試合とし、準決勝進出者が確定時点で予選を終了する
⑮準決勝(ベスト4)以降の試合は本戦とし、タイトルによっては予選試合とは試合形式や勝利条件が変更になる場合がある
⑯各タイトルの参加者数上限は24名を基本とするが、進行の都合上変更する場合がある
⑰全タイトルにおいて本戦で再度組み合わせ抽選を行う
⑱予選・本戦とも「可能な限り」試合は全て録画し、後日動画配信を行う
⑲参加者は円滑で公平な試合、円滑な進行が出来るよう相互協力し、運営は環境整備を常に心がけること
⑳参加者は1回戦で優勝候補の超ガチ勢と当たっても最後まで諦めず全力を尽くして戦うこと


旧劇6 レギュレーション R-1「新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL」
①【キャラ指定】ガンダムエピオン含めて全キャラ使用可能とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権」か「キャラ後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】ステージ選択は選択不可とする
④【時間設定】時間設定はLIMITとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】キャラ差調整は4:4で初期設定のままとする
⑧-①ガンダムエピオンを使用する場合は試合開始前までに運営へ事前申告とし、座席権は付与されない
⑧-②事前申告のエピオンに対し、後決め側もエピオンとした場合、座席は運営の指定とする
⑧-③事前申告のエピオンに対し、後決め側がエピオン以外のキャラを使用する場合、座席権を行使出来る
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】コマンド入力が次試合に残る不具合を回避する為、勝敗決着ごとに運営側でリセットボタンを押す

旧劇6 レギュレーション R-2「らんま1/2 超技乱舞篇」
①【キャラ指定】ハーブを含めて全キャラ使用可能とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝利者が「座席権及びステージ権」か「キャラ後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】ステージ選択権は②のとおりとする
④【時間設定】時間設定は99でスタートとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】キャラ差調整は以下のとおりとする
⑧-①次の4キャラはRボタンでの一発奥義使用を認める ※右京・ムース・ひな子・玄馬
⑧-②女らんまを使用する場合は試合開始前までに運営へ事前申告とし、座席権・ステージ選択権・キャラ後決め権は付与されない
⑧-③事前申告により両者とも女らんまと確認された場合、②のとおりじゃんけんを行い、勝者が座席権とステージ選択権を得る⑧-④女らんま使用時は全対戦において攻撃力・防御力をそれぞれ★2つとする
⑧-⑤玄馬使用時は全対戦において攻撃力・防御力をそれぞれ★4つとする
⑧-⑥右京使用時は全対戦において攻撃力を★4つとする
⑧-⑦マリ子・ハーブ・シャンプー・九能使用時は女らんま戦を除く全対戦において攻撃力を★2つとする
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】プレイヤーは女らんまを使用する場合は試合前に運営に申告すること。申告方法は運営より別途案内される。また、キャラの色は同色可能、但し、自重すること

旧劇6 レギュレーション R-3「キン肉マン マッスルタッグマッチ」
①【キャラ指定】全キャラ使用可能とする
②【権利設定】試合前にじゃんけん1回勝負で勝者が「座席権」か「キャラ『先』決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】初期設定のままとする
④【時間設定】初期設定のままとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】予選は2ラウンド先取とする。準決勝以降は2ステージ先取とする
⑧【ハンデ設定】キャラ先決め権は先鋒1キャラのみ行使し、相手が先鋒・交代キャラの両方を確定後に自らの交代キャラを選択すること
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】ウォーズマンのベアークローは破壊してもプレイヤー同士の友情は破壊しないこと

旧劇6 レギュレーション R-4「アーマード・コア2 アナザーエイジ」
①【キャラ指定】毎回のキャラ変更可、禁止キャラは⑨で規定とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権」を得る
③【ステージ設定】使用するステージは両者がアセン決定後、
「エムロード空母」「バトルドーム」 「レツキィ兵器開発所」「溶鉱炉」「操車場」「溶岩地帯」「ファルナクレーター」を除外した中からランダムで決定する(本戦はステージ重複あり)
④【時間設定】5分 
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】キーコンフィグによるボタン配置を変更可能とする
⑦【勝利条件】撃破勝利・AP勝ち勝利・相手エリアオーバー勝ちの三種。トーナメント形式で予選は1本先取、本戦は2本先取とし、ドローの場合は再戦とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】KARASAWA-MK2・両肩追加弾倉(EXM-DD02)の使用不可。相手状態がわかる計器類の表示不可。強化人間・基準違反機体の使用不可。(初回対戦時に発覚した場合、一時中断しその場で修正を行うものとする。そうでない場合は失格)
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】
⑪-①難易度はハードモードで行う。大会の円滑な運営の為に、参加者は予めデータを1つのメモリーカード(最大24機使用可能)に作成し、大会開始後のアセン変更は禁止する
⑪-②参加者がアセンを組んだメモカを用意出来ない場合、運営手配メモカを貸し出しとする
⑪-③運営手配のメモカに関してはキーコンフィグは初期設定のままとする
⑪-④本大会においては、キャラの事前申告やキャラ後決めは発生しない。
但し、試合時は迅速に進めること
⑪-⑤試合の実況解説は基本的に1P台で行う。本タイトルにおいては適切な試合環境を整備することを前提として、互いに相手の画面が見えないような、レイアウトや配信台設置を運営にて行う

旧劇6 レギュレーション R-5「アドヴァンスト・ヴァリアブル・ジオ2」
①【キャラ指定】マテリアルとミランダは使用可能とする。但し、ミランダのランダムカラー(STARTボタンカラー)は選択不可とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権」か「キャラ後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】ステージ選択は選択不可、ランダムステージ固定とする
④【時間設定】時間設定は99でスタートとする
⑤【スピード設定】ゲームスピードはノーマル固定とする
⑥【ボタン変更】キーコンフィグによるボタン配置を変更可能とする。但し、SPボタンは設定不可
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】禁止行為は以下のとおりとする
⑨-①フリーズを誘発するバグは禁止とする。(以下一例)
■かおりやえりりん他、乱舞技のロックを解除した上でラウンドを終了するバグ(ラウンド終了前に解除すれば可)
■ミランダで、ツインバーンや画面端での投げからカオスハリケーンを出してフリーズするバグ
■発生した場合は発生させたプレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
■事故と判断される場合は、運営による協議の上、取得ラウンド数&所持ゲージを再現しての再試合とする場合がある
■詳細は、以下のページのバグ・その他の項目を参照
アドヴァンストV.G.2 攻略wiki http://www3.atwiki.jp/avg2/
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、
そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】本作では特記事項は設けない

旧劇6 レギュレーション R-6「封神領域エルツヴァーユ」
①【キャラ指定】イハドゥルカを含めて全キャラ使用可能とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権及びステージ権」か「キャラ後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】ステージ選択権は②のとおりとする
④【時間設定】1ラウンド5分制限とし、運営で計測する。制限時間内に勝敗がつかない場合、運営が確認を行い、
体力の多い方を勝者とする。
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】不測の事態が発生した場合、運営判断で進行する

旧劇6 レギュレーション R-7「サイバーボッツ」
①【キャラ指定】ワーロックは使用禁止とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権及びパイロット先決め権」か「機体後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】初期設定のままとする
④【時間設定】初期設定のままとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】原則アーケード設定準拠(運営で初期設定を行う)とし、パッド使用のプレイヤーのみコンフィグ可能とする
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】本作では特記事項は設けない

旧劇6 レギュレーション R-8「スーパーストリートファイター2」
①【キャラ指定】全キャラ使用可能とする
②【権利設定】じゃんけん1回勝負で勝者が「座席権及びステージ選択権」か「キャラ後決め権」を選択。敗者は勝者が選択しなかった方の権利を得る
③【ステージ設定】①のとおりとする
④【時間設定】あり、カウント99からスタートとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】キーコンフィグによるボタン配置を変更可能とする
⑦【勝利条件】2ラウンド先取とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない。★調整は4:4で初期設定のままとする
⑨【禁止行為】本作ではゲーム固有の禁止行為は設けない
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】ディージェイのジャマイカステージ決定時に「駄目ーかー!」と聞こえる人は今度一緒に飲みましょう

旧劇6 レギュレーション R-9「修羅の門」
①【キャラ指定】隠しキャラを含めて全キャラ使用可能とする
②【権利設定】参加者を2組に分けて紅白戦を行う。特に権利は設定しない
③【ステージ設定】ランダムによる自動決定とする
④【時間設定】時間設定は無限とする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】1ラウンド先取した側が勝利とする。引き分けの場合は両者敗北とする
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】進行を著しく妨げるレベルの連続バックステップは禁止とする
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】視点変更は甲とする
⑪-①各組代表者は以下のとりまとめを行う
⑪-②チーム内各プレイヤーの使用キャラのヒアリング
⑪-③使用キャラ確定後、先鋒プレイヤーを運営へ申告(同時に運営は両チームのキャラ公開)
⑪-④試合開始後、進行は勝ち残りとし、負けたプレイヤーのチームの代表者は次戦のプレイヤーを運営へ申告
⑪-⑤大将が負けた時点で終了とする
⑪-⑥真剣勝負のため、ラウンドも時間も設けない。皆様の勝つ姿勢のみが勝利につながります

旧劇6 レギュレーション R-10「スーパーボンバーマン」
①【キャラ指定】全キャラ使用可能とする
②【権利設定】参加者を出身地域で2組に分けて東西戦を行う。特に権利は設定しない
③【ステージ設定】ギンギンパワー固定とする
④【時間設定】初期設定のままとする
⑤【スピード設定】初期設定のままとする
⑥【ボタン変更】初期設定のままとする
⑦【勝利条件】1ラウンドごとに勝利判定を行う
⑧【ハンデ設定】本作ではキャラ差調整は設けない
⑨【禁止行為】パスワード5656によるチビボンバーマンの使用を禁止とする
⑩【Sボタン暴発】スタートボタンを誤って押した(暴発)場合、プレイヤーの過失と見做し、そのラウンドを失う。なお、そのラウンドは一切の操作を禁止する。最終ラウンドの場合は敗北となる
⑪【その他】出身・地域ごとで東西別に分けた後、さらに2人1組のチームを作る
⑪-①各組代表者は以下のとりまとめを行う
⑪-②各プレイヤーにヒアリングを行い、チーム編成を確定する
⑪-③チーム確定後、先鋒チームを運営へ申告(同時に運営は両チームのプレイヤー公開)
⑪-④試合開始後、進行は1マッチとし、生き残ったプレイヤーのいるチームがプレーオフ進出となる
⑪-⑤チーム戦終了と同時にチームを解散し、プレーオフを開始する。各組代表者は先鋒出場者を運営へ申告する
⑪-⑥プレイヤー単位での勝ち残り形式とし、1戦ごとに負けたプレイヤーは抜けていく。
⑪-⑦相手チームのプレイヤーに全て勝った組を勝利とする
⑪-⑧東西戦の組分けは別紙に基づき、都道府県別に東日本(東軍)、西日本(西軍)とする
⑪-⑨座席については東軍が1P(白色)と3P(青色)、西軍が2P(黒色)と4P(赤色)とし、座席位置は組内で相談とする
※別紙
東西区分

事前エントリー最終日!

いまきちです。

修羅告知


旧劇6開催までいよいよあと3日となりました!本日事前エントリー締め切り日となります。

http://kyugeki1000.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

まだの方、お願いはやく!w

何卒よろしくお願い申し上げます。

旧劇6作品紹介⑦アーマードコア・2 アナザーエイジ

いまきちです。

AC2AAの作品紹介記事を二等兵さんよりいただきました!多謝!
前回の裏旧劇に続いて旧劇6でも採用となったAC2AAですが、従来の旧劇勢や初参加となる関西圏の
プレイヤーでも経験者がいるようです。
プレイされない方もタイトル参加予定の方もどんなゲームが採用されるのか、
二等兵さんがキャラや世界観について、丁寧な説明を書かれていますので、
改めてお読みになってください。力作ですw

----------------------
アーマードコアというゲームは、ロボット物の3人称視点シューティングゲームです。
対戦モードは、相手のAP(体力)を0にするか、
制限時間5分がなくなった時に残りAPの多い方が勝ちというルールです。

アーマードコアの大きな特徴の1つに、パーツを組み替えてオリジナルロボットを作れるという点があります。
パーツを大雑把にカテゴライズすると、以下のようになります。

・頭、胴体、腕、脚のフレームパーツ(APや装甲、挙動に関わるパーツ)
・武器(手に装備する武器、肩に装備する武器があります)
・内装パーツ(燃費や冷却性能に関するパーツ)

現在の対戦環境では研究が進んだこともあり、パーツの組み合わせは大体パターン化されています。
キャラクターを特徴づけるのは、主に脚部パーツと武器パーツの組み合わせとなります。
他のパーツはコンセプトに合わせてほぼ自動的に決まります。
現在の人気の脚部は以下の3種類です。


■RT(最軽量二脚)
非常に挙動が速く、その代わりに装甲が薄いという特徴を持ちます。
空を使って一方的に攻撃を通すなど、機動力を生かした3次元的な戦い方を得意とします。
エネルギースナイパーライフル(※1)を装備しなくても強い唯一の脚部でもあります。
その場合は111と呼ばれる、軽量な割に総火力が高い武器が選択されることが多いです。

代表的なアセン:
・アイスエイジ
前述の111とスモールロケットを装備した機体。
総火力を犠牲に、最高クラスの速度と軽量機としては厚い装甲を持つ。
・前田システム
111とデュアルミサイルという非常にホーミング性能の優れたミサイルを装備した機体。
総火力、瞬間火力ともに申し分ないが、ミサイル対策を持たないため、相手のミサイルに弱い。




■VAT(重量逆関節)
重量の割にやや装甲が薄いですが、それ以外のパラメータは全て高水準なオールマイティな脚部です。
オーバードブースト(※2)と相性が良く、平面的なスピードは随一です。
その速度を生かして、OBで距離を取りながらミサイルで相手の接近を拒否する、
引きミサと呼ばれる戦法が得意です。
とはいえ、積載量が高く多彩な武装が可能であるため、攻めも非常に強力です。

代表的なアセン:
・天牙狼"斯穏"
Eスナ、デュアルミサイル、ラージロケットという高性能かつ
汎用性の高い武装を無理なく装備した機体。
武装が多いため非常に操作が忙しいが、あらゆる距離で
仕事ができるポテンシャルの高さが強み。
・ウィークエンドウォーリアー
Eスナと両肩マルチミサイルという最高の瞬間火力を誇るミサイルを装備した機体。
凶暴な火力に隠れがちだが、相手のミサイル対策をかいくぐってミサイルを狙う繊細な立ち回りが要求される。




■D1S1(重量タンク)
装甲が厚いタンク系脚部の中でも最高の装甲と、優秀な燃費が特徴の脚部です。
挙動は非常に遅く、回避力もほとんどありませんが、
OBを主体に移動することでカバーが可能です。
タンクの一番の特徴は、非常に強力な肩武器であるキャノン系の武器を制限なしで装備できる点です。
キャノン系は他の肩武器より安定したダメージを見込めるため、
装甲と相まって大会で勝ちやすい脚部だと言えます。

代表的なアセン:
・魔王のラジコン
Eスナとグレネードランチャーという高火力なキャノンを装備した機体。
グレネードランチャーは対重量機で圧倒的な命中率と火力を誇り、特にタンク対決では無類の強さを持つ。
・軽チェインラジコン
Eスナと軽チェインと呼ばれる、高性能かつ軽量なキャノンを装備した機体。
武装を最低限に絞ることで、装甲と移動性能の高いレベルでの両立を実現している。
・リニアタンク
Eスナとリニアキャノンという非常に総火力の高いキャノンを装備した機体。
どれほど硬い相手でも問答無用で撃破できる総火力と、最強の装甲を併せ持つが、瞬間火力はやや低い。


以上、パーツとアセンの説明でした。


ここからは対戦について説明します。

対戦は市街地や基地、砂漠などの3D空間上のステージで行われます。
プレイヤーは建物などの地形に隠れたり地形の上から相手を攻撃したりと、
ステージの特徴を戦略に組み入れて戦います。
アナザーエイジには広さ、高さ、地形の種類や数が異なる多様なステージが存在します。
あまりに機体の相性差がつくために対戦には使用されないステージもいくつかあります。
アーマードコアには『引いている側が強い』という大前提があるため、
ステージが広いとAPの高い側が有利となり、狭いとその逆となりやすいです。

ロボットは飛行、滞空が可能であり、基本的には上を取った方が有利なゲーム性となっています。
ただし、飛行や滞空はエネルギーを消費するため、いつまでも飛んでいられる訳ではありません。
エネルギーは自然回復しますが、エネルギーのない状態で相手に攻め込まれると
大ピンチとなってしまうため、攻めるか守るかの駆け引きが重要なゲームでもあります。

また、このゲームの見所の1つにOBによる高速戦闘があります。
挙動の遅い重量機でも、OB中は相手の攻撃を躱しながら一方的に攻撃を通したり、
攻撃を受けないように高速で距離を取ることが可能です。
もちろん軽量機も重量機を追うためにOBを多用することになります。
現在のアナザーエイジの対戦は、OBをいかに上手く使って戦うかが重要な要素となっています。

対戦勢の地形を使っての攻防、押したり引いたりの駆け引き、OB時の高速戦闘などを楽しんで頂ければと思います。

※1 エネルギースナイパーライフル(通称、Eスナ)
アナザーエイジにおける最強の武器。
他の武器の2倍近い弾速を誇り、回避することは非常に困難。
RT以外の脚部は基本的に全てこの武器を装備することになる。
アナザーエイジ対戦環境の中心とも言えるパーツ。

※2 オーバードブースト(通称、OB)
大量のエネルギーを消費する代わりに超高速で移動できるシステム。
アーマードコア2で初めて導入され、アーマードコア対戦の様相を大きく変えた。

【PV】20160213 旧劇6~格闘レトロゲーム対戦会~ 宣伝告知

いまきちです。
旧劇6まであと1週間となりました。

宣伝告知動画が出来ましたのでご参加の方はご覧ください!

プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「年の暮れ
  古流の打音を
    響かせて」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR