旧劇5作品紹介②ゴジラ怪獣大決戦

みーちゃんです。

PCエンジンで発売された、ゴジラ爆闘烈伝のリメイク版。
キャラクターはゴジラ爆闘烈伝から大幅に減少したが、新技・新キャラの追加等が行われている。
キャラクターは主に昭和のゴジラ怪獣から平成VSシリーズのゴジラVSメカゴジラまでとなっている。
隠しキャラクターでスーパーメカゴジラと、海底軍艦(ゴジラのキャラではないが)が出現する。
また、演出のみだが、バトラ(成虫)も出現する。

個性的なキャラクターが多く、空を飛ぶモスラ、ジャンプが出来ないビオランテなど、従来の格ゲーからはかけ離れた動作を行うキャラが居る。
しかしながらゲームの評価は高く、ただのキャラゲーに留まらないしっかりとしたつくり込みが楽しめる。

操作はシンプルで、
Y:弱攻撃
X:強攻撃
B:掴み
A:特殊行動(A2回連打で咆哮、A+右もしくは左でステップもしくはダッシュ)
となる。

ほかの2D格闘ゲームと異なるのは、キャンセルという概念がないこと。
そのため、通常技からキャンセルで必殺技につなぐコンボが存在しない。
その代わり、強力な投げからの追い討ちや、投げが確定できる攻撃、性能の高い超必殺技を織り交ぜながら戦う、差しあいゲーとなる。

一部のキャラ差はかなり激しいが、色々と検証した結果、新メカゴジラの攻撃力を1に抑えることにより割りといい勝負ができるようになった。
モスラについては1:3でも相当厳しい組み合わせがあり、過去旧劇では飛行系のヤバさを見せ付けてくれた。
今回はさすがに前回の結果を踏まえて、よりモスラに厳しくなるように、大会中に1回のみ使用可能とした。それぐらいこいつはやばかったw
また、旧劇2では隠しキャラ2キャラ(海底軍艦、スーパーメカゴジラ)を使用禁止とした。
特に海底軍艦は前回の旧劇後、新たなガチ勢が使う立ち回りで、割とどうしようもない状況が作れることが判明。
そのため、旧劇2では泣く泣く使用禁止とした。

とはいえ、随所に見られるゴジラ愛、差しあいゲーとしてはかなり楽しめるゲーム性、人気の高い音楽など、隠れた名作といえよう。
上記のキャラを除けば、比較的程よいバランスで戦えると思われる。
まずは操作が簡単で技の性能が一目瞭然でとっつきやすいガイガンやキングギドラを触って遊ぶことをお勧めする。

各キャラ攻略
※注意::以下コマンド入力は、テンキー表記を使用しております
・ガイガン
ガイガンはジャンプ強攻撃、ジャンプ下強攻撃と共に使いやすく、地上での強攻撃、しゃがみ強攻撃を織り交ぜて相手の動きを封じて投げに行きたい。
ジャンプ下強攻撃は3段技で、ノーマルヒットで3段連続してダウンを奪えて、ダウン追い討ちにしゃがみ強攻撃が入り大ダメージとなる。
このジャンプ下強攻撃はガードさせると相手のガード硬直中に投げが確定で入る、非常に強力な技である。触れる範囲では積極的に出していきたい。
一方、ジャンプ強攻撃は、空対空、空対地と双方で大活躍する。ガードさせて投げが確定することは無いが、長いリーチを活かして相手を封殺したい。
ジャンプ攻撃の弱点は、下を潜られることだ。どうしてもジャンプ軌道がゆったりしているので、ジャンプを見てから下を潜られて背後に回られ、振り向き時の投げ確定タイミングで投げられてしまう。
なので、ジャンプを見られないように地上の牽制も重要となる。
地上の牽制は上記の立ち強攻撃、しゃがみ強攻撃。これのリーチを把握して、色々タイミングを変えて出していく。
立ち強攻撃は発生の早さと判定の強さが魅力で、特にビオランテにはこの技の先端でボクシングをしているとかなりビオランテ側が辛い。
しゃがみ強攻撃はダウン追い討ちをかねているが、リーチの長さが魅力。飛ばれないように注意しよう。
必殺技は、レーザー光線が非常に威力が低いので相手を足止めさせるためだけに放つ技だが、威力が低くて相手の足止めにもならないケースが多い。レーザーは捨ててもいい。
一方、623攻撃で出せるサマーソルトの様な技は上方向への優秀な技。弱と強で回る広さが違う。対モスラにはこれが生命線となる。
超必殺技はガード不能の乱舞技。突進中は飛び道具無敵もついているので、旧メカゴジラの超必殺技を無効化する。威力も大きく回避が難しいので非常に強い。スカ硬直も無いので安心して出せる。
投げは632投げで十分。追い討ちでしゃがみ強攻撃が入る。余裕があればカッター系も狙っていこう。

・キングギドラ
ガイガンと似たような立ち回りだが、ガードさせてからの投げ確定が少ないので牽制で食っていくキャラ。
使える技は、ジャンプ強攻撃、地上立ち強攻撃、しゃがみ強攻撃。
特に重要となるのがジャンプ強攻撃。こちらはガイガンよりリーチの長い攻撃で、判定の広さで封殺していく。
地上は強攻撃の発生が遅く、出していくには慣れが必要。逆にしゃがみ強攻撃が発生も優秀なダウン追い討ち可能の技で、とっさに地上で出す技として使える。
そして投げ確定連携を作れるのは、ジャンプ中下弱攻撃。リーチが短いが、隙あらばこの技をガードさせていこう。
投げは632投げ一択。威力が高く、ダウン追い討ちにしゃがみ強攻撃が繋がり大ダメージとなる。怒号状態でこの技を当てたときの減りがすさまじい。
地上攻撃が若干不安があるので、では地上での相手の動きを止めるのは何かといえば、光線が重要となる。
光線は入力後何も入れない、上を入れる、下を入れるの3つで光線を出す高さを任意に決められる。
弱で出すと3発、強で出すと4発。弱は発生が早いので、相手の動きに当てやすく、弱を警戒すると強でタイミングを狂わされる上に高さも変えられるので当たりやすい。威力も中々。
超必殺は広範囲の光線ばら撒きで、削り技としての用途となるが、飛行タイプの相手はガードできないので当てれば中々のダメージが期待できる。

・キャラクターランクについて
現状でのキャラクターランクは以下のような情勢となっている。

SSランク:海底軍艦
Sランク:モスラ、スーパーメカゴジラ
Aランク:新メカゴジラ
Bランク:アンギラス
Cランク:キングギドラ、ガイガン、ビオランテ、メガロ
Dランク:旧メカゴジラ、ゴジラ

やはりというか、隠しキャラの2キャラは非常に強く、特に相手の攻撃を食らわない位置で削り攻撃を出しては逃げるを繰り返せる海底軍艦が飛びぬけている。
新メカゴジラは飛行系以外では最強クラス。強力な単発技やジャンプ強攻撃から地上しゃがみ強攻撃がガード切り替えが間に合わずに確定のガード不能連携となるなど、システムに愛されている。
スーパーメカゴジラは単純にその上位互換で、2段ジャンプがあるあたりやばいのが見て取れる。
アンギラスはガイガンのジャンプ下強攻撃をさらに強くした技を持ち、地上での体勢が低いため飛び道具を無効化できる。高火力と愛され判定が強み。
Cランクは混沌としており、意外とジャンプが出来なくて巷では最弱といわれているビオランテは全然やれるキャラとなっている。
メガロは必殺技の性能が高性能だが、通常技が弱く、使いやすい飛び道具をばらまいて、低ダメージだが当てやすい突進技で牽制しつついかにして投げるか?というキャラとなっている。
最下位ランクは旧メカゴジラとゴジラ。どちらも牽制技が弱く、特に飛び道具の性能がイマイチで頼れる技がハンマーフックだけという主人公ゴジラが実質最弱となっている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

jhohjcc@outlook.com

旧劇~格闘レトロゲーム対戦会~ 旧劇5作品紹介②ゴジラ怪獣大決戦
ynzvehe http://www.g095ac44ep81o4lz5lw45ky314i7ott2s.org/
<a href="http://www.g095ac44ep81o4lz5lw45ky314i7ott2s.org/">aynzvehe</a>
[url=http://www.g095ac44ep81o4lz5lw45ky314i7ott2s.org/]uynzvehe[/url]
プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「年の暮れ
  古流の打音を
    響かせて」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR