スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015前期振り返り前編 ゲームレジェンド・ZERO3全国大会・裏旧劇

いまきちです。

以前から自分が参加したイベントについての振り返りを日記やコラム形式で
まとめたいと思っていましたが思うだけで数ヶ月経ってしまいましたw

しかしながら最近6ヶ月のイベントは非常に有意義で良い交流が出来たものや
今後に活かせそうな経験が出来たのでとにかくまとめよう!と今PCの前に
座っています。前後篇で1時間で書き終える意気込みで!w

2015年度の前期、4-6月と7-9月で分けます。で、4月は特段のイベントは無かったので
実際の活動に合わせて5-7と8-10月の二部構成です。
自分が主催イベント、法人主催イベント、個人主催イベント等色々ですが詳しくは各項目にて。

■5/24 埼玉県川口市 ゲームレジェンド (個人主催) ※サークルとして参加
 2014年11月に一般客として参加したゲームレジェンドがとても楽しかったので、次回は
自分もサークル側で参加しよう!と思い立ったのが参加のきっかけ。
ゲームレジェンドって何?という方はリンクをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/zed_gamelegend/


IMG006401.jpg
(こんな感じで当日はスペースにいくつかのソフトの試遊台を設けました)


ゲームレジェンドというイベント自体は自主制作物(同人誌・同人頒布作品)の即売会・展示会です。
コミケみたいやなつ?と思われた方はそれで「大体あってる」w。

コミケより格段に規模は小さくなりますが、その代わり電源が使えることが大きく(コミケは不可)、
電源を使用した展示物も多く有ります(レトロのアーケードゲーム筐体の展示など)。
会場の一角でゲーム音楽の演奏もあったり、もちろんコスプレイヤーもいたり。

IMG006441.jpg
(このあとめちゃくちゃ人増えました)

私は今回、従来から持っている個人サークルの「いまきちゃんねる」名義で出展し、
ストZERO3攻略同人誌や旧劇本の頒布と旧劇タイトルの試遊台展示を行いました。

いまだにZERO3現役勢がいることのアピールや旧劇イベント・タイトルの宣伝にもなり、
また、メーカー開発者の方がたまたま今回のイベントにいらっしゃったりと
様々な方々と交流も出来て、非常に良い機会となりました。
(そろそろゲーマー名刺を作ろうかと思ったりも・・・)

一方、今回のイベントでは一つの問題がネット上でも大きく話題になりました。
ゲームレジェンドのライセンス問題 です。
http://togetter.com/li/826231


当日は参加者が非常に多く、幸い当スペースにも多くの方にお越しいただき、
この問題は後日知ったのですが、イベントの規模が大きくなるにつれて、
このようなトラブルは必ず発生すると聞きました。運営上避けて通れない問題であり、
そろそろ厳格なルールが必要な時期に来ているのかもしれません。
実行委員会から後日郵送されてきたお手紙にも今回のことと今後のことを踏まえた
舵取りについて記載されていました。

とにもかくにも5/24ゲームレジェンド22は超楽しかったです。
終了後は同じく出展されていたゆーえんさん一行と近場のビアガーデンでビールレジェンドを自主開催w
ビールと焼肉に包まれながら、次回11/1のゲームレジェンド23にも参加を決めましたw

IMG006511.jpg



■7/19 東京都新宿 ZERO3全国大会 (個人主催) ※一般参加者として参加
 ZERO3について一応の説明をしますと、アーケード用の対戦格闘ゲーム、ストリートファイターZERO3を指します。
1998年にリリースされたタイトルで、全国大会の規模で開催された回数は10回以上、ゲームセンター内や
イベント会場、市民会館など様々な会場が舞台になりました。
あのプロゲーマー梅原大吾氏がメーカー主催による日本最強決定戦、世界最強決定戦で優勝し、
その姿がテレビ放映されたことは言うまでもなく有名であり、私もその影響を受けていますw

ZERO3の全国大会が最後に開かれたのは2011年の名古屋SKYでの全国大会でした。
開催日は3月中旬。当時は震災直後ということもあり、参加を断念するプレイヤーも続出。
その後、時折開催希望の声が上がるも、全国大会は丸4年間開催されませんでした。

しかし、昨年末からのネシカでのZERO3配信、スマホでの週刊ジョージアによる漫画ウメハラでのZERO3篇
PSアーカイブでのZERO3DL販売などZERO3への玄関が開かれたこともあり、機運を見たVERが全国大会
開催を決定。サイトはこちら⇒http://sfzero3.web.fc2.com/UZR.html


初心者部門や経験者補正をかけた混成2ON部門などの企画が奏功し、
当日は76名の参加を記録しました。近年のZERO3イベントでは多くても参加人数が40名前後が
平均的でした。今回の全国大会は大成功と言えるでしょう。
後になってVERは「これだけ来てくれるならまた来年もやりたい」と率直なコメントをしていますw

ZERO3というゲームは初心者に敷居が高いとよく言われます。特にVismが顕著で、使いこなすにも
相手にするのにも様々な知識と多くの経験が求められます。さらにVismのキャラが放つオリコンは
場面によっては即死連続技にもなり、汎用性のあるオリコンだけが一つあるだけで事実上対戦が
決してしまうこともあります。

ZERO3の行く末を案じたVERがゲームバランスを運用でカバーしようとした試みは
評価されてしかるべきでしょう。無論、今回の制度設計と仕組みが100点ではないと思いますが、
一つの方向性を示していると思います。
その2ONで何故かVERが単独参加した上に優勝した点は別問題として改めて取り上げましょうw

当日の運営はVER・かやまん・店員三浦さんの3人で基本的に回していました。他に何人かお手伝いさんは
いたと思いますが、よくあの人数を捌けたと思います。
個人的にはゲームイベントのスタッフは参加者の1/3の人数が必要(30なら10、76なら18人)だと
思っているので奇跡だなあとw
受付や配信設定など一部不手際や想定不足もあったと思いますが、盛り上がりましたし、良い大会でした。
また、後日にVERが全国大会振り返り配信や大会動画のアップロード等、大会後フォロー作業を
早めにきっちりとやっていたのも素晴らしいと思います。

IMG007601.jpg
(大画面来場者用のモニターがあり、観戦も楽に出来ました)

今回の全国大会を通じて感じたのは、「全国大会がある」ために、新規勢の取り込みが期待出来ることが1点。
もう1点は、同様に「引退を延期させられる」こと。

「ZERO3、最近プレイヤー減ってきたけど・・・全国大会があるならもう少し続けてみようか」

他のどんなことに置き換えてもいいんですが、何かのハードルや障害が発生した際に、その後ろにご褒美が
見えているならもう少し頑張れると。全国大会後、区切りがついたので辞めよう、というのも一つの選択肢。
全国大会でめっちゃ刺激を受けた!あんな戦い方があるなんて知らなかった!悔しい次回リベンジする!等
何かモチベーションが出来るのも一つの選択肢。
そういう意味では新規の取り込み、現役の引退延期効果のための全国大会周期は半年ごと開催が
理想ではと思っています。
まあ、半年ごととなると、終わった直後から振り返りと次回企画を並行する必要があるので
心身ともに大変辛いとは思いますw そろそろZERO3の若手勢が企画しても良いと思います!w

もう一つの全国大会の側面としては「同窓会」があると思います。特に今回は4年ぶりだったので
「久しぶりー!生きてたの!w」「久しぶりー!って君誰だっけ?w」みたいな会話もちらほら。
76名の参加者の内、このような同窓会呼びかけに呼応した人も少なくないようです。
ガチ勢・エンジョイ勢が入り乱れ、大変に盛り上がった全国大会でした。



■7/25 東京都秋葉原 裏旧劇 (個人主催) ※主催として参加
IMG0075011.jpg
(今回のイラストは完全に身内で作成しました。レイアウトとか全体の仕上がりは従来よりちょっとね・・・)

 私が主催している家庭用ゲームイベント、旧劇の番外編として企画しました。
旧劇?という方は公式サイトがありますのでご覧ください。⇒ http://project-kyugeki.wix.com/kyugeki

来て欲しい立場として参加したゲームレジェンド、行く立場として参加したZERO3全国大会、
それぞれ実際には逆の立場が2割くらい入っていたりもするのですが、裏旧劇に関しては自分主催ということもあり、
100%来て欲しい立場で臨んでいます。過去の旧劇の反省点やゲームレジェンドとZERO3全国大会で
気づいた点も出来るだけ活かしたい、との考えを頭の隅に残しつつ当日を迎えました。

IMG0063911.jpg
(当日は来場者観戦用にプロジェクター持込、事前に自宅でチェックしました)

当日は同じ実行委員のみーちゃんが忘れ物をして、いまきちもそれに気づかない、仕方なくいまきちが1度取りに帰る、
結果として受付・オリエンテーリング等諸々タイムスケジュールに多大な影響が出る、
等運営的には混乱と焦りからスタートしました。

2時間ほど経過した頃、次第に各予選タイトルもスムーズに進行し、フリープレイも色々なゲームが
ほど良く回っていたのでようやく軌道に乗った・・・と安堵したことを覚えています。
最後までスタッフは不足しており、進行も度々まごついていましたが、それでも裏旧劇が
盛り上がった(特に後半)理由は参加者が一つになって楽しい空間を作り出そうとしていたからだと思っています。
(まー、もちろん超ド深夜というか明け方は倒れてる人もいましたがw)
あの空気・空間は運営陣だけでは作れません。参加者のご協力あってこそだと今だから言えますw


個人的に嬉しかったのは、事前の実行委員会打ち合わせで
これは楽しい!盛り上がるはず!と想定していたタイトルを皆に楽しんでもらえて盛り上がったことと、
各タイトルでそれぞれやはり勝つべくして勝つ、というプレイヤーが上位に上がってきたことです。
どんなゲームにもガチ勢はいる、旧劇から掲げてきた理念が裏旧劇でも実証されたと思っています。

当日実施したタイトルと優勝された方については過去記事をご参照ください。
http://kyugeki1000.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

反省点については、事前の告知が不十分だったことやレギュレーションが作りこみが甘い部分もあったりと
いくつかありますのでこれはまた改めて整理して、にします。
良かった点はやはり雑談・飲食スペースでしょうか。アルコールと軽食が置かれたテーブルに何度行きたいと
思ったことかw 対戦に疲れた方やゲームトークに花を咲かせたい方におかれましては良いスペースだったかと・・・。

毎度のことではありますが、他ゲー勢ともイベントを通じて交流を深め、互いのタイトルに興味を持つ、
あるいはゲーム以外のことでも共通点を持つ、そんなきっかけも生まれたと聞きました。素晴らしい・・・。

実行委員会としては今回の裏旧劇を無事成功と捉えており(こまかいことはおいとく!w)、
来春か来夏頃?に裏旧劇2を開催したいと思っています。
その際はよしなに・・・。

以上、前編でした。8月以降の後編はまた次回に。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

dzrdfaa@outlook.com

旧劇~格闘レトロゲーム対戦会~ 2015前期振り返り前編 ゲームレジェンド・ZERO3全国大会・裏旧劇
[url=http://www.gi662z58o8dsx1ao7i73w005tyq5th18s.org/]uctqrphdvnx[/url]
ctqrphdvnx http://www.gi662z58o8dsx1ao7i73w005tyq5th18s.org/
<a href="http://www.gi662z58o8dsx1ao7i73w005tyq5th18s.org/">actqrphdvnx</a>
プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「年の暮れ
  古流の打音を
    響かせて」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。