スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏旧劇2作品紹介⑤ビートマニア3rdmix

実行委員のネドベドです。
beatmania 3rdmixの作品紹介です。

「音ゲー」という新ジャンルを開拓し社会現象を巻き起こした「beatmania」シリーズ。
今回は家庭用beatmania第二弾として同名のAC作品から移植された
「beatmania 3rdmix」が大会種目に採用された。
(ちょっと紛らわしいが、「beatmania 2ndmix」の移植が家庭用第一作「beatmania」である)

本作は1998年リリース、新鋭ユニット「nouvo nude」をメインアーティストに迎えた作品である。
彼らの代表作にして本作のボス曲「super highway」は
後の「beatmania BEST HITS」発売の際に行われた
楽曲人気投票にて見事1位を獲得した、beatmaniaの象徴ともいえる曲である。

他にもドラムロールで全国中のプレイヤーをBADでハメ殺した「LUV TO ME」など
今でも高い評価を受けている作品を多く収録した、
音ゲー初期にして非常に完成度の高いシリーズである。

ゲームのルールは単純明快、降ってくる譜面が判定バーに重なったら押す。
押すタイミングが正しいほどGREAT>GOOD>BAD>POORと判定され、GREATかGOODなら点数が加算される。

GREATを取ることによってグルーブゲージが上昇していき、
赤ゲージを残して演奏を終了させたらクリアとなるのだが
今大会においてはスコアによって勝敗を競い、クリアの是非は問わない形式とした。
なおスコアのシステムはALL GREATで10万点満点、
GOODはGREATの1/5点(ALL GOODなら2万点)となっている。

なお今大会の予選は、課題曲2曲をプレーした
上位規定人数勝ち抜け、という形をとった。点数をミス無く記録するために
予選プレー前には必ずスタッフに声をかける、楽曲プレー後はボタンに触らない等
プレイヤーの皆さんにもいくらかご協力を頂きながらの
運営が必要になる部分もあるが、何卒ご了承頂きたい。

家庭用の音ゲーを、音量を気にせず大勢で遊べる非常に貴重なこの機会に、
初めて音ゲーを触る人が一人でも出てくれたら嬉しい。

音ゲーのプレー経験がある人の大半は、友人に勧められたり
上手い人のプレーに憧れたり、人と人との輪の中で音ゲーを始めたはずだ。

その音ゲーの楽しさの原点に回帰するような、懐かしいイベントになって欲しいと願っている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「年の暮れ
  古流の打音を
    響かせて」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。