旧劇7作品紹介② ADVANCEDV.G.2

実行委員のねぎです。

ADVANCEDV.G.2(以下AVG2)は、ヴァリアブル・ジオ シリーズ通算7作目。
PlayStationでは2作目、そしてコンシューマー機最終作でもあります。

1998年という年は、進化を続けた2D格闘ゲームが前後の97~99年を含めた3年間で、
時代を牽引してきた人気シリーズが次々とひとまずの集大成を迎える、そんな時代でもありました
(ストリートファイターZERO3、ヴァンパイアセイヴァー、ストリートファイターⅢ3rd、KOF98、RB餓狼伝説2、月華の剣士2 など)
そういった流れの中で、PCから始まり次々とハードを変えて発売してきたヴァリアブルジオシリーズもまた最終作を迎えることとなりました
それがAVG2です

集大成というだけあって
2D格闘ゲームとして必要なシステムは大体揃っています。
その一部を紹介。

・連携
→通常技をキャンセルして通常技を繰り出す。いわゆるチェーンコンボ。
 自由にキャンセルできるわけではなく、ルートはキャラクターごとによって決まっている

・目押しコンボ
→連携とは別に、通常技によっては目押しでコンボを組むことができる。
 
・ハイジャンプ
→キーを素早く下要素→上要素を入力すると、通常ジャンプの倍の距離を跳躍する

・ガードキャンセル
→0.5ゲージを消費して、ガードをキャンセルして固有の技で攻撃する

・ダウン回避
→ダウンせずに素早く復帰する。ダウン回避できない技もある。
 ダウン回避には一部のキャラを除き無敵がないので、
 画面端でダウン回避をするとフルコン確定という恐ろしい事態に…。

・ダウン追い討ち
→一部のキャラの一部の技は、ダウンした相手に対して追撃可能な技がある。
 これでコンボを伸ばしたり、セットプレイに持ち込んだりと、用途は様々。

・投げ抜け
→相手の投げダメージを半分に軽減し、ダウンせずに投げを外す。猶予はたったの1F

などなど、格闘ゲームをプレイしたことがある方は馴染みの要素も多いのではないでしょうか


一方で

・ガード不能暗転技
→相手が技を出した(ヒット、ガード、空振りを問わない)後に近距離で一部の暗転技を出すとガード不能になる
 詐欺跳びなどない。許しません。

・コマ投げ確定
→地上の相手にジャンプ攻撃をガードさせた後、そのガード硬直解除直後には、コマンド投げに対する投げ無敵がない
 ジャストタイミングでコマンド投げを重ねると確定する。

という激しいシステム(バグ?)も存在します。

キャンセルの猶予時間が極端に短いため、コンボの難易度は昨今の格ゲーに比べて若干高め。
ですが、決めた時はその見た目もダメージも爽快な減りを見せるので、是非とも注目していただきたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

pdewqnb@outlook.com

旧劇~格闘レトロゲーム対戦会~ 旧劇7作品紹介② ADVANCEDV.G.2
rkkhnidwcd http://www.g731b35a3sxm1e3hju66ivv9g18u63t8s.org/
<a href="http://www.g731b35a3sxm1e3hju66ivv9g18u63t8s.org/">arkkhnidwcd</a>
[url=http://www.g731b35a3sxm1e3hju66ivv9g18u63t8s.org/]urkkhnidwcd[/url]
プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「稲妻や
  画面に走る
    古式の業」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR