スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超旧劇の振り返り

実行委員のみーちゃんです。超旧劇おつかれさまでした。
あの種目数をなんとか時間内に収められたあたり、中々タイトルの選出がよかったり、運が良かったり、気合で乗り切ったりしましたねw
昨日(日付越えてるから一昨日かな)超旧劇の反省会をやってきまして、色々課題が見つかりましたが、みなさんから見て今回の旧劇はどうでしたか?何か参加者からの気づきがあればご連絡ください。色んな意見をお待ちしております。

今回は自分自身で振り返ってみると、初代ギルティギアが非常に良かったですね!早くそのイベントを動画で確認したいところですね!ね?
幽幽白書特別編も大いに盛り上がりましたし、名古屋であわただしくなりあまり動画に残せなかった分を今回の超旧劇でじっくりとやれて、あの時のお詫びができたのかな?とも思っております。
らんまは2種目ともやはり楽しめるいい種目ですね。特に爆烈は初参加の方が2トップを飾っており、素晴らしいなと。優勝者は何か見覚えのある顔ですが・・・?
裏の種目である2日目は、やはりマリブラが人気ですねー。負けると兎に角悔しい。変な運も絡みやすく、その運ゲーにならないようにする試合運びの上手さが強さに直結するという点では、従来の格ゲーに通ずるところもありつつも新しい駆け引きになっているところもあり、まさに良い(いい)スポーツだなと思います。
テトリスは自分は割りと自信のある競技でしたが、やはりコーリャンさんの壁は厚かった。次は優勝・・・ではなく、まずは準優勝をもらいますw
ボンバーマンのぜんざいさんも素晴らしかったですね。記録はまだまだ続くのか?気になるところです。

さて、タイトル紹介などでも申しておりますが、みなさんの「これがやりたい、やってくれるならぜひとも仕上げて参加するし、他にもガチ勢を見つける・育てて参加する!」という声をお待ちしております。
ここで重要なのは、「見たい!」ではなく「参加したい!」という点です。
見たいという声は色々なタイトルでありますが、いざやってみても人が集まらない、言ったであろう本人が居ないなどというのは非常に残念な結果になってしまいます。
当然ながらこのイベントは一日あたりの種目数が多く、どうしてもそのタイトルに強く注力するということはできません。満遍なくせわしなくやるというイベントである以上、「このタイトルだけを取り扱ってほしい、ほかのタイトルとは一緒にして欲しくない」などという要望も当然ながら対応できないのが現状です。そういう要望も過去ありましたが、それは無理なものなので、ご自身でどうぞという状況になってしまいます。ちなみにそのとある勢は自分たちでやる!と言い切って、その後沈黙状態が続き、終わった勢となってしまいましたが。
逆に言えば、旧劇を上手く活用してやると、色んな目的で見に来た方々に対するアプローチもできて、その作品に広く興味を持ってもらえるということであります。すでにコミュニティが形成されているのであれば問題ありませんが、まだまだ小さいコミュニティであれば活用しない手はないかと思いますがね。
今回の旧劇で最後の種目も当然あったりします。過去やってからしばらく開催されていない種目もあります。ただ、「こういうことをやるので、ぜひとも種目として選んで欲しい!」という要望があれば、検討します。そういう声を、ぜひ聞かせてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

旧劇実行委員会

Author:旧劇実行委員会
「古桜と
  電子の記憶
    ルネサンス」

http://project-kyugeki.wixsite.com/kyugeki

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
旧劇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。